松雪泰子がFUCK(ファック)を連発!!

人気ギャグ漫画が原作の映画「デトロイト・メタル・シティ」の完成披露記者会見が東京都内で行われ、650人のファンが、劇中で主演の松山ケンイチが見せる悪魔メイクで集合した。

映画は、おしゃれな渋谷系ミュージシャンを夢見て大分から上京した青年が、なぜか悪魔系デスメタルバンドのギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」として大活躍する羽目になる話で、松雪泰子はマネージャー役で登場。
松雪泰子は映画ではFUCK(ファック)を連呼するなど、今までの松雪泰子の役どころとは大きく異なる。
しかし、本人は普段いえない言葉を大声で連呼できて面白かったそうです。

松山は客席を見渡し、自分達だけ素顔のため、場違いな気がするといって笑っていたそうです。

「デトロイト・メタル・シティ」はヤング アニマルで連載中の人気漫画で、デザイナーやスタイリストなどにファンが多い。
posted by 芸能マニア at 22:11 | 映画・ドラマの芸能ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。