六本木に巨大ロボットが!

「20世紀少年」第1章の完成披露イベントが、東京・六本木ヒルズで開かれ、唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子ら主要キャストと、劇中に現れる巨大ロボットのレプリカが登場しました。

「20世紀少年」は2000万部を売り上げている浦沢直樹さんの漫画が原作の映画で、週間ヤングサンデーに連載されていました。

六本木ヒルズに姿を現したロボットは、5カ月かけて制作された巨体なもので、高さ、幅、奥行きともに9メートル、重さ600キロもあります。
ちなみに映画のクライマックスで東京を破壊するロボットはCGで、高さは50メートル程度です。
posted by 芸能マニア at 21:56 | 映画・ドラマの芸能ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。